自動車の修理について

自動車ユーザーは、自動車教習所で「構造」の授業を受けているにも関わらず、
自分でマイカーを購入してからは、ほとんど自動車の内部機構には無頓着のようですね。

自動車と言っても、まあ家電品と同じ感覚ですから、
電子レンジを買ってもその内部機構に興味を持たないのと同じなのでしょう。

ただクルマは扱い方を間違えると「走る凶器」になるため、
道路交通法も試験に受からなくてはいけないことになっています。

しかし自動車免許取得後でも、基本的な構造の知識は復習して、
ちょっとした故障の時は自分で直せるぐらいのレベルになっておきたいものです。

Auto Repair Tempe: Mile Auto Repair Deals and Savings

いまのクルマは正しく使用していれば、バッテリーが上がることもありませんし、
ドアがはずれることもありません。

しかし悪路を走っていて、パンクをした時などは、
自分でパンク修理ぐらいはできた方が良いでしょう。

そのため、工具やスペアタイヤの点検は欠かすことができません。
またパンク修理の際の諸注意も頭に入っていなければなりません。

でも心配は無用です。タイヤがパンクした時のために、
どのメーカーでも「タイヤパンク応急修理キット」というものを、
付けているからです。

キット内に付属している取扱説明書をよく読みながら、
行なえば、簡単にパンクの修理は出来てしまいます。

仙台 自動車修理の専門サイト

ただ、あくまでもこれは一時的な応急修理ですから、
後日ディーラーなり、ガソリンスタンドなりへ行き、
キチンと交換をした方が良いでしょう。

コンピュータ時代と言われる現代では、
大体のエンジンは電子制御で運転されています。

もちろん自動車エンジンも例外ではありません。
いわゆる「マイクロコンピュータ」というもので、
エンジンやその周辺のほぼすべての動きを制御しているのです。

自動化は快適さも保証しますが、
電子経路の故障を皆無に押さえることは不可能なのです。

特に購入後に電送システムを取り付けたりする場合は注意が必要です。
本来は、故障を自己診断するシステムが組み込まれているのですが、
外部から組み込まれたものに関しては、
100%保証の限りではないということでしょうか。

Auto Repair Reference Center | DIY Resource | EBSCO

そのため、取り付けの不備が原因で事故につながってしまった、
といった事例も報告されています。

具体的にはカーアクセサリーや、
カーセキュリティー用品といったものを装備した場合です。

なにしろ電圧が少し高いだけでも回路やチップを破壊しますので要注意です。

ただ、電子関係の故障は自分で修理を行うことは、まずできないので、
即専門家へ修理依頼という流れになります。