スポーツと整体

私スポーツは全くしません(きっぱり)。体を動かすこと自体は、いざやってみれば嫌いではないんです。しかし、継続するということが無理なんですよ…。せっかく健康のために始めても、途中で挫折するのでは全く意味がないと思いませんか?健康維持のためにスポーツをやって、結局できないのであれば初めからスポーツを健康増進の手段として据えないというのが私の持論です。

Accredited Institutions - ECCE - The European Council On Chiropractic Education e.V.

よく部活を辞めてからも食べる量が変わらなくて太ってしまった、なんていう話を聞きますが、だったら初めから部活なんかしなきゃよかったんですよ。そうすれば運動しないなりの筋力代謝の体で、それなりの健康を維持できるんじゃないかと思うんですけど…。とまあ屁理屈を並べてきましたが、いくらそんな私だってスポーツが健康に良いことぐらいはわかっています。筋力が上がれば基礎代謝も上がってエネルギーを消費しやすくなり、食べても太りにくい体を作ることができます。でも一概にスポーツといっても様々な種類がありますよね。ダイエット目的で女性に人気の最近のスポーツといえばジョギングでしょう。



でもこのジョギング(ジョギングに限らずですが)健康のためにと始めたスポーツでも、実は体の歪みの原因となってしまう場合があるそうですよ。簡単な例を挙げれば、ジョギングの場合ならジョギング膝。これまであまり使わなかった足を酷使するわけですから、負担がかかって当然といえば当然かもしれませんね。プロのスポーツ選手ならばトレーナーがついて入念な準備やストレッチを行い、これらのトラブルを可能な限り回避することができますが、アマチュアの私たちは、なかなかそうもいかないのが現実です。そこで頼りになるのがスポーツ整体の存在。

CHIROPRACTIC RESEARCH

スポーツをして筋肉に乳酸がたまると筋肉痛などの筋肉疲労としての症状が現れます。これらをいかにすばやく改善するかによってその後の筋発達の進捗や故障の少なさに変化が出るというわけですね。健康のためにと継続的にスポーツを続けたいのなら、なおさら体のメンテナンスを重視し、疲れが溜まったなと思ったら整体に行って改善してもらうことで怪我などのトラブルを未然に防ぐことができます。まあこんなふうに述べてはきたものの、スポーツ嫌いの私がこれからスポーツ整体にお世話になることはほぼないと思うんですけどね…(笑)。